ローコスト住宅なら収入に関係なく家を持てる

一軒家

暮らしやすいベッドタウン

一軒家

平野なので住環境が良い

埼玉県は首都圏のベッドタウンとして開発されてきた歴史があります。なぜかというと埼玉県は関東平野の真ん中に位置しており、周囲に山などがない平地だからです。そのため住環境が良いというメリットがあります。埼玉で新築住宅を建てる場合、どのエリアを選ぶかによってローンの負担が変わってきます。地価が高いのはやはり都心部に近いエリアです。埼玉県中央部から北部へ離れるに従って地価は下がっていきます。新築を建てる場合は土地探しが重要になりますから、頭金をどのくらい用意できるかによってエリアが決まってきます。しかし都心部から複数の路線が延びているので、離れても交通アクセスは比較的良くなっています。ターミナル駅から電車で一時間のエリアなら、家賃並のローンで広い敷地の新築住宅が建ちます。

自然災害が少なくて安全

埼玉県は都心部から放射状に複数の路線が延びており、その路線沿いにベッドタウンが開発されています。駅周辺は地価が高いですが、少し郊外に出れば安くなります。都心部に近いエリアでも郊外にはまだ自然環境が残されており、子育てファミリーには適しています。埼玉県の最大の魅力は自然災害が少ないという点です。大きな川の合流地点では水害が起こりやすいですが、その他のエリアは関東ローム層の丈夫な台地になっています。台地を遮る山などがないため、冬になると北風が吹き付けますが、災害といえるほどの被害は出ないです。広い台地が広がっているので、日当たりの良い場所を選んで新築住宅を建てることができます。大規模な開発地から小規模な開発地までバラエティにとんでいるので、選択肢が多いのもメリットです。