ローコスト住宅なら収入に関係なく家を持てる

一軒家

賃貸とは異なる魅力

住宅模型

視線やプライバシー

四季の景観などからも、鎌倉エリアでは狭小地であっても一戸建ては人気が高く、プランの特徴・メリット・デメリットを知ることによっては、家づくりの参考にもできます。また、購入や売却など、様々な利得に結び付けられます。鎌倉の一戸建てでは、庭付きが憧れとして幅広い世帯から人気です。コートハウスが一例に挙げられ、中庭を取り囲むように開口部をつけた居室を配していることが多いのも特徴です。自然光を室内に有効に取り込むことができ、外部からの視線やプライバシーを守るなど、戸外空間を楽しむだけではなく、観光などで通行人が多い鎌倉で求めたい戸建てでもあります。この延長線上には、アウトドアリビングがあります。リビングと連なるテラスやウッドデッキなどの一戸建ては、ひさしを設けてガーデンファニチャーを置いたりすると、より、寛ぎのスペースとして楽しめるメリットがあります。同時に、不審者が侵入できない工夫として、隠れ家とならない防犯対策もしっかり意識することもポイントです。

それぞれのスペース使い

納得のいく住まい探しは、鎌倉の気候風土、地域性までも影響されます。そのため、住宅メーカーや不動産会社、建築家任せにするのではなく、自ら積極的に情報収集が行われています。賃貸は、暮らし方が気に入らなければ次へ移ることが可能ですが、鎌倉の立地のよい一戸建て住宅は早々に移り替えは難しく、住宅に関する最新情報をネットから集めています。お得な情報はもちろん、欠陥住宅や土地のトラブルまで確認したいのも一戸建て住宅ならではです。その上でライフスタイルに組み合わせたプランで家づくりや購入ができ、入居者の理想的な住まい方が評価されています。例えば、DENは男性からは書斎として、家族構成によってはパソコンスペースや趣味部屋などの使われ方がされています。広さに規定はなく、隠れ家のような雰囲気の小部屋として人気を集めています。一戸建て住宅ではスペースの使い方も工夫できるために支持され、同じく主婦スペースとなり、貯蔵庫の役割のユーティリティはデスクカウンターが組み合わせられたプランが人気です。